そろそろお母さんのお古の車も買い替えどきかもしれない

そろそろお母さんのお古を譲ってもらった車に乗って、5年が経とうとしています。
私が乗る以前には、お母さんが4年ほど乗っていたので、通算すると新車で購入してから9年になろうとしています。
走行距離はすでに14万キロを超えているので、中古車市場ではボロ車になってしまうレベルの車です。
でも、いまでも実用的にはまったく問題はないし、不便は感じていないのだが、そろそろ買い替えどきかもな、と思っています。
いままでタイヤやエンジンオイル、ワイパーの交換のような、消耗品は当然交換して対応してきました。
しかし、ヘッドライトの曇りだとか、いつのまにか少しずつ増えるボディーの傷は隠しようがありません。
新車登録から10年を過ぎると自動車税も高くなるというし、新しい車の方が燃費が良いのは明らかでしょう。
最近では車の買い替えのサイクルもどんどん短くなっているようだし、9年も元気にトラブルなく走ってくれればじゅうぶんなのかもしれません。
何かあってからでは遅いですし、1年以内に買い替えられるように、そろそろ検討を始めようかと思っています。脱毛 その都度払い