ソフトボールを始めた娘と三足のわらじを履く母

我が家の次女は小学4年生。去年度までは柔道のスポーツ少年団に所属していましたが、お友達が沢山いるからと今年度からはソフトボールのスポーツ少年団に変更しました。練習量は柔道の3倍!それでも娘はやる気満々で練習に行っています。
しかし、親は大変。週3回の送り迎えに加え、毎週のように大会に練習試合、合宿などがあるのです。
家事、育児、仕事で毎日忙しいのに…。もうヘロヘロです。
でも、不思議な事に全力で応援しているわたしがいます。ユニフォームにスパイク、グローブにスポーツバッグ…スポーツ一つ始めるだけでこんなにもお金がかかるのか??とびっくりしました。でも、娘が頑張っているから一式揃えてあげたいという気持ちもあります。でもお金が…。
そこで私はアルバイトを始めようと決意しました。現在もドラックストアで週5回、1日5時間アルバイトをしていますが、その仕事が終わってから週3回頑張ります!
母子家庭じゃないんですよ。主人は正社員でマジメに働いているんですよ。笑っちゃいますよね。
でも、子供たちのためなら身を粉にして働いても平気です。
私が仕事をしている間は主人の両親が子供たちのめんどうを見てくれています。アルバイトを増やせば主人の両親にも負担をかける事になりますが、主人の両親は娘のソフトボールもわたしの仕事も応援してサポートしてくれています。主人の母が言った「身体を大事にして無理しないように稼ぐんだよ。」という言葉はとても嬉しかったです。
3世代同居にあまり良い話を聞かないかもしれませんが、私はとても幸せ者なんだなぁと実感した今日この頃です。
私の家庭と2つの仕事との三足のわらじ生活はまだ始まったばかりですが、周りの人たちの力を借りて娘を全力で応援していきたいと思います。キャッシング 即日 休日