地方ものが高級な喫茶店に行ってみたのです

新宿にいる椿屋珈琲ランチタイムに行ってきました。サイトなどで大正浪漫のような印象を感じられる、と書かれていたのでものすごく期待していたのです。
本当に入ってみると、はなはだ素敵な模様でした。インテリアも、集大成思い出深い年を感じさせる感じになっていました。
人員の組み合わせがこれまたオシャレなので、無礼を承知で二都度見したくなる。漆黒のワンピースに白のエプロン衣装というフォルムだ。
それにヘッド衣装等々をつけているので、ものすごく美しいのです。
正に戯画に現れるお手伝いちゃんの格好と、同じ模様なのです。私も20年若かったらこのお店で働いてみたいよなあ、と思ってしまった次第です。
たぶん今の自分がきるのには対抗がありすぎると思うので、自主制限が入りそうです。
人員は君たち若々しくて美しい人物が多かったし、思わず顔立ちで日雇いを採用しているんじゃないかと穿ったイメージもしてしまいます。
そうではないことを祈ります。だいたい、どちらでもいいですけどね。アコム 5万